2017年03月20日

化粧水は必要ない!と思いながら美肌水を売ってます

「細胞のデトックス」Sarah スタッフの少路です。

今回はSarahの美肌水についてのお話しです。

Sarahには化粧水はありません。

あるのはこの『美肌水』だけです。

いやいやこれが化粧水でしょー?と思われるかもしれませんが
「普通の化粧水と一緒にしないで!」
と、お高くとまりたいほど別ものなのです。

みなさん

お肌が潤っている

お肌に水分がある状態

「じゃあ水分補給しなきゃ!」

と思っていませんか?

化粧水は
ほぼ水です。
それを毎日パッティングなどして頑張って肌に染み込ませますよね。


パタパタ

お風呂や海に入ったら肌に水が入って潤いますか?
おそらく潤いませんよね。
むしろお風呂の水が、肌から入ると怖いです。

ちゃんと外からのものを、入らせないために
肌の角質層にはバリア機能があります。
水のように分子の大きいものは、
まず角質層より中に入っていきません。

化粧水でしっかり浸透させていると思っていても
結局は角質層をびしゃびしゃにふやかしているだけなのです。

ここですね!

化粧水を塗るとその時は潤った感じがします。
(私も昔は毎日ローションパックをしていたクチです)
しかし水分を与えるとその水分は蒸発するときに
もっと乾燥します。

一度濡らした新聞紙を放置しておくと
元の状態よりバリバリになりませんか?

 

化粧水でしっかり保水というお手入れしていても
乾燥肌が改善しない理由、なんとなくわかって頂けたでしょうか?

詳しくはこちら化粧水って必要?も併せてお読みください。

また化粧水の宣伝文句として
『肌の奥まで浸透!』
などよく聞きますが、

『奥』まで入れるには表皮のバリア機能を壊す必要があります。
バリア機能が弱まると外からの刺激に弱くなり、敏感になります。
仮にコラーゲンなどの有効成分というものが肌の真皮層に入っても、
その力がそこで発揮できるとは限りませんし、
それと同時に防腐剤や香料など肌の負担となる化学合成物質も一緒に入ります。
そうするとトラブルがおきやすくなります。

 

化粧水ごときで肌のバリア機能が壊れるなんて大げさだと思われるかもしれませんが、
私達は毎朝毎晩繰り替えし使ってますよね?
肌のバリア機能を壊すには充分だと言えます。

「乾燥から守ってくれない化粧水」
「肌のバリアを壊す化粧水」

別にいらないですよね。

そんな風に考えている我々ですが、
前述したようにSarahは美肌水を販売しています。

なぜでしょうか。
それは
一般的な「化粧水」とぜーんぜん違う!
からです。

この図が物語っております。
なにが違うのか!?
は、また長くなりそうなので次回お伝えいたします。

おたのしみに~