2017年05月22日

丁寧なお手入れってアイテムを増やすこと?

「細胞のデトックス」Sarah スタッフの少路です。

 

『今までのシンプルなお手入れをやめて、丁寧なスキンケアを頑張ってます。』
色んなクリームを塗り塗り・・・

というような化粧品のテレビCMがありました。

 

これが一般的な感覚ですよね。

お手入れのアイテムは少ないよりも多い方が良い。
やらないよりはやったほうがいい。

私も昔はそう思っていました。

 

基礎化粧品と呼ばれるものは
化粧水
美容液
導入美容液
乳液
クリーム
部分用クリーム
パック・・・

パッと思いつくだけでた~くさんあります。

『さすがに全部は出来ないけど
せめて化粧水と乳液くらいは塗ってるわ。
余裕があったらクリームも塗るかな。』
なんて方も多いと思います。

そもそも何のためにその乳液やクリームを使っていますか?
洗顔後は化粧水と乳液は絶対!と思っていませんか?

本来乳液やクリームは洗顔後に失われた皮脂膜を補うためのものです。
自ら皮脂膜を再生する力があれば、塗る必要はありません。
洗顔後でも健康な肌なら、自然と皮脂膜は再生します。

『でもクリームを塗らないと乾燥するし、美容成分も補いたいし・・』
なんて声が聞こえてきそうですが、
人間の皮膚は賢いので、油分が足りていると思ったら自ら皮脂を出そうとしません。
その乾燥は今まで過剰に油分を塗ってきたせいかもしれません。

お肌に栄養を与えるようなイメージの美容成分も
一般的な化粧品では表面の角質層に留まるだけです。

角質層に栄養が入ったとしても真皮には届かず、
ターンオーバーして剥がれていきます。
皮膚のメカニズムから考えると意味がないですよね。

皮脂膜の役割を果たすだけなら高級な乳液やクリームでなく、
極端に言うとワセリンでも充分なのです。
それが常識になるとお化粧品は売れません。

各メーカーは乳液やクリームに「価値」を持たせるために色んな美容成分を配合します。
少し前はコエンザイムQ10やαリポ酸など流行しましたが、最近はあまり聞きません。
もし効果があったなら今でも人気のはずですよね。

 

そのように化粧品は日々進歩(?)していますが
昔よりお肌のきれいな女性が増えたかというと、残念ながらそうでもないですよね。
むしろ多くの方がなんらかのトラブルで悩んでいるという状態です。

 


※朝美人 よりお借りしました

上記のデータによると今のスキンケアによる悩みがある人はなんと96%
ほとんどの人が一般的なスキンケアで納得できていないのです。

手間をかけてスキンケアすることは素敵だと思いますが、
化粧品をひたすら重ねても、お肌の為にはなりません。。
様々なアイテムを使う事でその分、肌に負担になる化学物質も重ねてしまい、
過剰な油分を与え続けることで、自分の皮脂も出せなくなってしまいます。

年々
「化粧品の数が増えていく」
「クリームがだんだん重くなってゆく」
「敏感肌用化粧品しか使えない」
そういった症状に心当たりがある方は、
今までのケアが間違っている可能性があります。

お肌の衰えは年齢のせいだけではありません。
自らの肌が生み出す天然の潤い成分や、
傷ついた肌を回復させるメカニズムに勝る化粧品はありません。
良かれと思って化粧品を使っていても、それを阻害してしまっては本末転倒です。

 

そういう私も20代前半の時は高いアイクリームを使ったり色々していました。
今後の為に今出来ることを!と思ってたのですが、
当時はしっかりファンデーションで隠さないといけないようなお肌でした…
シンプルなケアになった10年後の今はすっぴんでも平気です。
年齢は重ねているのに不思議ですね。

 

なんのために塗るのか、
自分のお肌はそれを必要としているのか、
イメージだけにとらわれずぜひ一度考えてみてください。

 

他のアイテムを重ねる必要がないSarah の美容液については次回詳しくお話しします。

 

 

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
株式会社ラナ
0742-51-1497
rana111107@gmail.com
http://www.suppin01.com
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■